ワキ脱毛の服装と注意点

ワキ脱毛をする時の服装の選び方

脱毛サロンやクリニックのカウンセリングを受けて、「いざ!ワキ脱毛へ!」と、ワキ脱毛に行こうと思った時に悩むのが服装。

 

どうして服装に悩むか知ってますかー。

 

それは、カウンセリングの時に服装についての指示や注意点についての説明がないからです。

 

 

平たく言ってしまえば、服装なんて何でもいいんです。

 

でも、ワキ脱毛の前や後に快適に過ごせる服装というものもあるので、いくつかポイントをまとめておきたいと思います。

ワキ脱毛は上下に分かれた服装がベスト

基本的に、ワキ脱毛は上の服を脱いで、下着をつけたまま施術着に着替えるのが一般的です。ミュゼはキャミソールタイプの施術着ですが、その他にもラップ巻き状のバスタオルなど、いくつか種類があります。

 

そして、下は私服のままなのですが、ワンピースなどを着て行ったときには、下も隠れるタイプの施術着を用意してもらえるので特に困ることはありません。

 

 

ワキ脱毛で他の人が着た施術着を着たくない時は、カウンセリングの時に相談することもできますが、もし自分のキャミソールを来て施術を受ける時は、色に気を付けましょう。

 

黒はレーザーが反応して火傷をする可能性があるので、絶対に白かベージュ。

 

 

気になるならブラジャーも黒は避けた方が安心して脱毛を受けることができます。

 

下着の色が危険な時は、通常、技術者が気が付いて促してくれますが、相手も人間。そのまま脱毛を受けて火傷を負った事例もあるので気を付けましょう。

ワキ脱毛の服装は袖付きで風通しの良いもの

季節にもよりますが脱毛後は熱がこもるとよくないので、風通しの良い素材で少しゆったりとした、ワキ部分に摩擦の少ない服装がおすすめです。

 

脱毛直後は肌に傷がついた状態なので、摩擦や熱でかゆみを感じやすくなります。

 

そして、紫外線などの光をさえぎるために半袖dもいいので袖付きのものを着るようにしましょう。汗を吸い取る役割も果たしてくれます。

 

 

脱毛後に気を付ける事は、できるだけワキが熱を持たないようにすること。赤みやかゆみが気になったら、氷や保冷剤をタオルで包んで冷やすのも有効です。

 

そして、脱毛前や脱毛後に制汗スプレーや保湿クリームは塗らないようにします。

関連ページ

ワキ脱毛医療脱毛とエステ脱毛の選び方
ワキ脱毛は、エステ脱毛と医療脱毛のどちらを選んだらいいのか悩みますよね。選ぶ時のポイントの一つとしては、ワキ脱毛をした後どうしたいか?が大切になってきます。
ワキ脱毛に必要な回数と期間
ワキ脱毛に必要な回数を把握して、最後まできちんと脱毛が完了するように計画しましょう。途中で止めてしまうと、また元通りに・・・・!?
ワキ脱毛の痛みを和らげる方法
ワキ脱毛が短時間で終わると言っても、痛いのはイヤですよね。できるだけ痛みを和らげる方法をまとめています。
ワキ脱毛1回で抜け落ちるムダ毛の割合
ワキ脱毛を1回するとどのくらいの割合の毛が抜け落ちるのか、いつ頃抜け落ちるのか気になりますよね。